2018年04月26日

ムカムカイライラが伝えたいこと〜実際に動いてみる

昨日の記事の、続きではありません(笑)

最近私は、近所の商店街のフリーマーケットに出店をしました。お祭りとフリマ♪
すごく暑かった!

肝心の売り上げはイマイチでしたが、楽しみました。


そんなフリマ前夜。私はセクハラ事件(これは昨日の続きね)のことを考えるにつれ、ムカムカと腹が立ってしまい、眠れなくなりました。
交感神経バリバリです。
身体を横たえたまま、イライラし続けていても仕方がないのでとりあえず起き上がり、電気をつけ、「このムカイラ(略)をどうしよう」と思案。

そして思いつきました。

そうだ。明日のフリマには小さなお子さん連れの親御さんが、たくさん来るだろう。
そんなお父さんお母さんに渡すチラシをつくろう!
と。

手書きのメッセージ。
タイトルは
「すべての子供たちのために」
にしました。

翌朝早く、出来上がったチラシを50枚コピー。
フリマの最後の40分で、すべて配りました。もうフリマどころじゃなく、一生懸命言葉をかけつつ、渡しました。
配り始めるまでは、勇気がいった〜ドキドキ。
受け取ってくれた率は、95%くらい。ほとんどの人が、スルーしないで、受け取ってくれました…嬉しい。

一人の30代くらいのお父さんは、ビールを片手に、「ほんとにおかしいですよね!今何か色々!」と言ってくれました。



眠れないムカムカイライラは、私に何かを伝えようとしてくれてた。
小さなことだけど、そんなムカムカイライラさんの声を聞いて、行動に移せたような気がしました。

皆さんも、モヤモヤしたり、イヤーな気持ちになったとき。
不快な感情なのですが、「これって、自分からの、何かメッセージかも」と、耳を澄ませてみるのもいいかもしれませんよ〜。
まあ無理のない範囲で。


チラシの内容は、またシェアしますね。









2018年04月25日

セクハラ被害者は、なぜ叩かれる?

こんばんは!
新緑がまぶしい季節です。

福田淳一財務次官による、女性記者へのセクシャルハラスメント報道について、ほとんどの人が、見たり聞いたりされていることと思います。
彼の辞任が決まりましたが、今の政権によって、「おとがめなし」という結果になる可能性があります。
誰もが本当のことを言わず、責任を逃れて今の地位だけを守ろうとしている、国のトップたちです。
なぜか冷笑を浮かべ、なぜか被害者の立場をとろうとし、被害者の女性を貶めようとする、トップやその周囲の人たちの発言がトンデモ過ぎ。ほんと脱力。
あと、それに追従する芸能人や有名人も、一体何なの?

ハラスメントというのは、(社会的に)権力を持つ、立場が上にある人間が、下の人間に行う暴力行為です。
相手を見下し差別をし、人権を著しく侵害する行為。
彼らは、自分が権力を持っていることを、十分わかったうえで、犯しているのです。
「そんなつもりはなかった」とか言ってましたが…なわけないよね〜。

麻生太郎福総理(&財務大臣)の、セクハラ事件被害者に対する連日の発言は、酷すぎますよ。
二次加害(セカンドレイプ)しまくり。
被害者女性記者が録音したことに対し、「福田さんがはめられた」とか言ってましたよね。
あと、下村博文衆議院議員も録音について、「ある意味犯罪」と発言し、昨日だったか一昨日だったか、発言を撤回謝罪しています。
↑もしもし、あなた加計学園からの200万円闇献金受取り疑惑、曖昧にしてますよね。


被害女性が録音をしたことを責める政権や取り巻き、そしてネトウヨさんたち。


昨年、豊田真由子元衆議院議員が男性秘書に行った行為は、パワーハラスメントです。
彼女のパワハラが公になり話題になったのは、パワハラの音声を、被害男性が録音したからです。
あのとき被害男性に対し、「録音は犯罪ではないか」とか「豊田さんをはめたのではないか」なんていう人、いませんでしたよね。
同じハラスメントなのに。

「ハラスメントを受けている」ことを信じて欲しくて録音したのに、セクハラの被害者は、なぜこんなにも叩かれ、セカンドレイプが行われるのでしょう。
日本という国は戦後、、民主主義を未成熟にしたまま、ここまで来てしまった。このことは、大きな理由のひとつだと思います。
結果、今の幼稚な政権に、したい放題をさせてしまっています。
人権に対する意識と差別に対する意識が、私たちはあまりにも低い。

セクハラ事件のついて、一般の人(と思われる)たちのネット上での発言も、かなり酷いと感じます。
「どっちもどっち(被害も加害もない。お互い様)なんじゃないか」と中立の立場を気取ってたり、「何が事実かは実際、わからないよね」と、他人事発言だったり。
また女性タレントが、「私たちもそんな目に合って乗り越えてきたんだから、いちいち騒ぐのがおかしい」とか「セクハラは上手くかわすのが賢い」とか。
書いていると、憤りにたえません。
それらはすべて、被害者を傷つけます。セカンドレイプです。
何をもってセクハラかは、周りが決めることではありません。



社会や歴史について、ちゃんと知ることは大事。
私もまだまだ知らないことだらけなので、「恥ずかしいなー」と思います。
でも、真実を知ろうとする思いは、ちゃんと持っていたい。
そして、事実を見る目を養っていきたい、と思っています。

「何が事実かわからない」という言葉は、事実を見るのが怖くて目を背けていることです。しかもそのことに気付こうとしない。
私もそんな面は持っています。持っていることを、ちゃんと自覚していかなくちゃね。

まずは。
叩くのは弱い方じゃなくて強い方t!


4月28日には、新宿アルタ前で16時から、「私は黙らない0428@I am here2018」が行われるそうです。
男性もたくさん参加されるようで、嬉しいな。


タイトルからちょっと離れてしまったので、また書きますね。

読んでいただき、ありがとうございます!




posted by みつこ at 22:15| Comment(0) | 平和について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月09日

一人一人が持つ灯(ともしび) ☆4月14日大規模デモ☆

あっという間に4月ですね。
年々春が早くなっているような気がします。
ハナミズキがすでに開き、つつじも咲き始めています。ケヤキの木の新緑もフサフサしてきて、綺麗。

さて、政治の世界であまりにもトホホなことばかりが起こっているため、今の政府に対するデモが、あちらこちらで行われています。

金曜日は総理官邸前で、19:30からのデモが、毎週続いています。

私はずっと行けなくて、歯痒さを感じていましたが、先々週と先週は参加できました!
仕事終わりの関係で、国会議事堂前着は1時間遅れです。既にたくさーんの人人人。

このデモではエリアが色々と別れていて、スピーチエリア、コールエリア、声をあげるのが苦手な人のためのサイレントエリアがあります。
初回参加は、コールエリアとサイレントエリアの間(コールしたりしなかったり自由な感じ)にいて、先週はサイレントエリアに陣取りました。
全エリア皆さん、灯を持っています。ライトの光が暗闇に灯る。そんな光で一杯のデモです。泣けます。

先週は、キャンドル型のLEDライトを配っている方がいて、私も早速もらいました。ワーイ(*^O^*)
ライトを揺らしながら、小さな声でコールをしたり、身体を動かしたり。
まったり一人デモ参加です。

主催は(多分)若い人たちで、コール以外の言葉は丁寧。ごく普通の若者に見えます。
デモ参加者も、私含め普通の人たちがほとんど。スーツを着ている人や、若いOLさんみたいな人もいます。長年社会活動をしてそうな人も、もちろんいます。

前列(スピーチ&コール)は熱い感じですが、後列(サイレント)は、「総理も大臣も自民党も、責任をとらずにごまかしてばかりいる。変だよ」って、声には出さずとも静かに主張してる感じ。

世の中や政治などについて普通に話せる社会は、健全な社会。
だから今の日本は、不健全といえましょう。あ、今だけじゃないか(苦笑)。
不健全で未成熟な社会。

社会や政治について語るのがタブーな空気をかもしだす、この日本という国は、いったい何なんでしょうか。

熱くなったついでに、もうひとつチクリと言いたい。
いわゆる「スピリチュアルなグループ」の人たちも、政治のことや社会のことについて語ったりしません。暗黙の沈黙…って感じです。そうでない人たちもいますけれど、ごく少数です。
なぜなのか?
「ネガティブなことを考えると、ネガティブなことを引き寄せてしまいます。ハッピーなことだけを表現しましょう」
なんて言葉は、よく聞きます。
でもさ、それってほんとなの?
と問いかけつつ、このことは、また別のテーマで書きたいと思います。「スピリチュアル(日本の)」が抱える、根深い闇のテーマです。

行政などに対して正当に文句を言うのは、私たちが持っている大事な権利です。それなのに、文句を言ったら叩かれてしまう、この国の現状。国レベルのことだけでなく、学校や職場などでもよくあることでしょう。あとネット上とかでも。
それって良くない!

まあ、そう言ったところで、すぐには変わらないので、文句をいう側も工夫が必要なんですね。
3月の新宿伊勢丹前でのデモは、新宿通りの歩行者天国を使っていたので、広い場所でスピーチを聞くことができました。議員さんたちのスピーチも良かったのですが、「33歳通りすがりのサラリーマン」さんのスピーチには、泣けました。歩道を歩いている人たちの心にも響いていたかも。
皆さん「わかりやすい言葉」で「熱く誠実に伝える。そしてちゃんと怒る」ことをされていて、ほんとすごい。

というわけで、デモ参加をされたことがない皆様。デモを体験することは大事ですよ!
日本ばかりdisりますが、「先進国」なのに、表現の自由に縛りがあり過ぎですよ。
縛っているのは誰?
国側はもちろんですが、私たちも自分自身を縛っています。
私もです!そのことにいちいち気づいて、少しずつでも成長していきたい。

熱く書いたところで。
今週は金曜夜のデモはありません。
なぜなら、翌4月14日(土)14:00〜17:00に国会議事堂正門前で、大規模デモがあるからです。
しかしデモのことを知る前に、私は仕事を入れてしまい、今さら断れずに行けません((T_T))
何てこった(ノД`)

お時間がある人は、どうか足を運んでみてください♪
国民が黙ってると、トンチンカンで保身のことで頭が一杯、他国にも呆れられる政(まつりごと)続くのよ。人が亡くなっているのに、真実を伝えようとしないまま、責任をとろうとしないまま、ごまかしたまま総理大臣や議員を続けるのよ。
そんな大人たちの姿を、子供たちに見せられますか。

人それぞれに、色々な表現があることでしょう。
その表現のひとつとして、デモ参加は大事。
その場で声をあげなくても、黙って見ているだけでもいいと思います!私も腕組みとかしてます(笑)

またまた、まとまりがないのですが、デモのススメでした。


困っている人や困っている場所、平和のために税金使ってくれなくちゃ。そんな人を政治家にしていかなくちゃね!





posted by みつこ at 22:42| Comment(0) | 平和について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

ブログタイトル

寒暖差が激しいですね。
寒くても春〜。

ブログのタイトルを変更しました。
これからも何卒、よろしくお願いいたします!

posted by みつこ at 20:54| Comment(0) | 平和について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月07日

3.11のコンサート

3月になりましたね。
沈丁花の花が香り始めました。今日は大好きな、雪柳の花が開いているのを発見。
寒くても春だなあ。

まもなく、7回目の3月11日です。

2018年の3.11。
私は、COCORO*COさんのコンサートで、素敵なクワイヤに混ぜていただき、一緒に歌うことになりました。
COCORO*CO(ココロコ)さんは、女性4人のゴスペルグループです。
今回、私を誘ってくれたみらちゃんのブログに、ココロコさんの素晴らしさがあますところなく、書かれています。

私たちはココロコさんのコンサート後半に、4曲歌うのですが、そのなかの一曲は、9.11にアメリカで、教会の牧師さんがつくった歌。
歌の練習のときに、ココロコのなかのお一人、パンダさんが伝えてくれたお話です。

9.11の起こる前、その牧師さんは、教会のなかにどうしても気が合わない人がいて、その人のことで気に病んだり「やだな」と思ったりしていました。
そして9.11が起こり、落ち着いてから皆で教会に集まったのですが、その人は教会に現れません。
彼は、9.11に巻き込まれて、亡くなっていたのです。
その後に色々なことを思い、この曲をかいたと言われています。

“I Need You To Survive”
生きていて。

私は割と、人の好き嫌いをします。悪口も言います。
嫌いな人が悪い人なのか、というと、そうではないのです。うむ。
私がもっと、育てていかなくてはならない「何か」が隠れてもいますね。

まあ嫌いな人は嫌いなんですが。
でもね。
嫌いな人でも、やっぱり生きていて欲しいです。何かが起きたときに、「生きてて!」と強く願います。

3.11から、まだたった7年です。


ココロコさんの素晴らしい歌声を生で体験したい方は、まだチケットありますよ。
詳しくは↑みらちゃんブログを読んでくださいね。

まとまりがなくて、ごめんなさい。
まずは頑張って歌います。




posted by みつこ at 21:28| Comment(0) | 平和について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする