2018年05月29日

ロンドンのこと→2010年情報

気がつけば、5月もあとわずかですね。

このブログもあと3日で終わりなので、これから毎日書こうと思います。遅い。本当は毎日書くくらいの気持ちでいたのですが、できなかった。
これから頑張って書きますので、あと少し、おつきあいくださいね。

さて、さきほど「介護者のつどい」に行ってきました。
地域包括支援センターが主催、同じビルの喫茶店でおいしいコーヒーをいただきながらの参加です。
楽くて勉強になり、いい刺激をもらいました。
家族介護をしている方がとてもパワフルで、感動しました。目からウロコがポロポロ落ちまくり。
私にできることって何だろうと考え、久しぶりに血が騒ぐ感覚になっています。
介護の仕事が、好きだ。


今回はロンドンの思い出などを書きますね。もう8年経ってるけど…。

私が滞在したのは21日間。
その間、観光をすることはあまりなく、ロンドン市内から出ることもなし(何なんだ)。
ロンドンコースの会場である古い教会に通い、休日や勉強後は、主にあちこちのスーパーをうろついてました(何なんだ)。

私の泊まった場所は地下鉄ノーザンラインの、クラパムコモン駅からほど近い民宿です。全部カタカナですみません。
一人部屋でした。ここはゆずれない。そして、非常にリーズナブルでした。
韓国人のご家族が経営している可愛い民宿でしたが、今はなくなってしまったみたい。

ロンドンのいいところのひとつは、公園が大きい!広い!そして自然のままにしてあること。ほったらかしとも言えるのかな。倒れた木がごろごろ転がってるし。
昨日の写真はお洒落な駅にある、ハムステッド・ヒースという公園で、気が遠くなるほど広い。うっかり夜までいると、出られない人もいるとか。美しくて気持のいい場所でした。

私のお宿の近くにも、駅名になっているクラパムコモンという広ーい公園があり、しょっちゅう散歩をしていました。
ちなみにクラパムコモンは、お洒落駅ではないようですが、賑やかでお店もたくさん!なぜだかスタバが3店舗くらいありました。日本のスタバと違って若い店員さんばかりではなく、一番近所のお店は、ガタイのいい大人の女性が切り盛りしていました。それも良いわ。
帰る頃にはすっかり、好きな街になってました。最初は夜中に着いて、酔っ払いがたくさんいて英語で(当たり前)良くわからないし怖かった!

そんな場所にある公園、クラパムコモンには柵もなくいきなり池があって、お散歩中のわんこが普通に池に飛び込み、ザブザブと泳いでたりしてました。東京ではあまり見ない光景ですね。

こんな池です。
007.JPG


688.JPG



そしてロンドン。
東京と比較すると、手厚くないです。
地下鉄はしょっちゅう止まり、だからといって「ご迷惑をおかけします」なんていうアナウンスもない。

ロンドンコースを学んだ会場から、割と近い鉄道の駅は、バスのターミナル駅にもなっていて、一時期、そこからバスに乗って帰っていました。ロンドン名物、赤い2階建てバスです。行き先の違う色んなバスが止まるのですが、どんな行き先のバスでも、とりあえずは止まってくれるだろうと思っていた私が甘かった。マイ行き先番号のバスがキター!と思ったら、止まらずにそのまま行ってしまった…アゼン。
10分後とかにまたキター!と思い、軽く右手を上げてアピールしたのですが、また止まらずに行ってしまった…ボーゼン。
そしてまた待つこと10分。3台目のバス来たり!今度は大きく少し車道に出るくらいに、一歩前に踏み込み高々と手を上げバスの運転手さんをハッシと凝視!やっと止まってもらえたのでした。東京なら炎上沙汰ですね。

ということで。
ロンドンでは口を開けて待っていてはダメだと気づいたのでした。鍛えられた。
最終的には徒歩で帰ることができるとわかり(バス内で道順を見て)、歩いて帰っていました笑。

098.JPG


ロンドン初期。バスの2階最前列にて。喜んでます。今より(既に若くないけど)若いね



でもそんなロンドン。
今の東京と違って、ちょっとぶつかりそうになっただけですかさず「ソーリー!」って言ってくれることが多かったです。
スーツケースを持ち上げながら階段を上っていたら、本当に英国ジェントルマンが持ってくれたし。


と、いい話で終わるところですが、そういえばスーパーに行くと必ずといっていいほど、商品が床に落ちていました。本屋さんでは分厚い本が落ちてたし。拾う人はいません。
最初の頃はこまめに拾って、元の位置に戻していた私。そのうち慣れてしまいました。


褒めているのかよくわからない内容ですが、居心地のいい場所でした。ロンドン。
また行きたいな。


003.JPG



044.JPG



001.JPG


滞在していた民宿の裏木戸。カワイイ


















2018年05月28日

昨日の続きとカルト心理

昨日は歌の練習で楽しかったのですが、そんななか、銀座でヘイトデモが行われていました!
チェックが抜けてた〜!行きたかったけれど、時間的にカブっていたのかな。

こちらをご覧くださいね↓一体全体いつの時代の日本だよ。
#0527銀座ヘイトデモを許すな
「こんなヘイトはダメだ!」と思ってくれたツイッターしてる皆様、リツイやイイネをしてくださると嬉しい。私も新たなツイッターを始めなくては!

昨日、ひとつのことだけを信じる(妄信、盲信)こと、疑わずにただ追従することについて、「それはカルトです」と書きました。洗脳状態ですね。
カルト心理は特別なことではなく、誰でもそんな状態に陥ることはあります。


ここで、ロンドンコースの話になります。
私は2010年にロンドンへ行き、2週間、カウンセラーになるための勉強をしました。
それまで特に、心理学を学んだわけでもなく、スピリチュアルなセミナーに参加をしたぐらい。何も知らない状態でした。
なのでロンドンで学んだことが一番!と、思い込んでしまっていました。
たった2週間のコースですし、心についてほんの一部分を学んだだけで一番も何もないのですが、そのときは他の心理学を否定していました。
心理学について何ひとつ知らなかったくせに、恥ずかしい〜。
今思うとこれって、カルト心理ですよね。
日本を離れた場所で、集団で高揚した気分になり、一体感を得ていたことも、大きかったのかもしれません。

ということで、私もカルトっぽくなってしまいがちなので、気をつけなくては。



それはさておいて、20日間のロンドン生活はとっても楽しかったです!
あと数日でこのブログを終了するので、保存してある写真を色々貼りたい。ロンドンのことも書きたいな。

また読んでくださるとうれしー

025.JPG

ロンドンの公園です。多分ハムステッド・ヒース



皆様、楽しい1週間を








2018年05月27日

応援していても、盲信しない

今日は、歌の練習でした♪Peaceful Harmony Choir Spcial 2018のスタートです。!ヤッター☆
ココロコのPandaさんHALさん指導による、限定のクワイヤです。
年を重ねる毎に、「知らない」ことを、楽しめるようになった気がします。
知らない歌を覚えていくプロセス、そして皆とのハーモニーが生まれて育っていくプロセスが、とても好きです。
去年は全くの初心者で、楽しむよりも緊張が大きかったなあ。
経験するって、大事なことですね。


さて、嘘をついた安倍さん(あ、今のうちの首相ね)を庇わなくてはっていう、ただそれだけのために嘘に嘘を重ね、記憶がなくなり記憶が戻るなど、むちゃくちゃになっている今の総理とその仲間たちと家来たちです。

ネトウヨさんをはじめとする、安部さん信者は、今のこの現状をどう思っているのかな?
私の知る限り、安倍擁護と、安倍批判をする存在への攻撃に、忙しそうですね。

ひとつのことだけを、ただ信じて疑わない。
これはとても、危険なことです。


4月の京都府知事選で立憲民主党は、自民党候補(原発推進)の応援側につきました。
共産党が応援した福山さんは数万秒の差で落選したのですが、動画を見る限り、至極まっとうな人ですね。福山さんに知事になって欲しかったなあ。

なぜ、自民候補を応援したのか?
立憲民主党からの明確な説明は、なかったと思います。


そして前々新潟県知事の泉田さんは、去年の衆院選で、なぜ自民党から立候補したのか?
これも謎のままです。

前新潟県知事の米山さんは、知事という立場にも関わらず、女性に金銭を支払うお付き合いをしていました。
すぐに辞任を決められたのは、良かった。

私は立憲民主党を応援しているし、泉田さん米山さんも、素晴らしいリーダーだと思います。
でも、納得いかないこと。おかしいことに関しては、理由を聞かせて欲しいし、文句を言います。


京都府知事選では立憲民主党支持層の票が、大量に福山さんに流れたそうです。
いいですね!
応援してても、違っていたらNO!を言う姿勢は、とても大切なこと。


安倍さんと自民党を支持しているならば、おかしいことはおかしいと、ちゃんと言ってあげるのが、真の応援団でないの?
何でも盲信(妄信)して追従するだけじゃ、それはただのカルトです。










posted by みつこ at 22:18| Comment(0) | 平和について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月26日

この世界は青と緑 〜From a Distance〜

一昨日の夜は、吉祥寺だよ!全員集合〜!!! 〜Panda誕生日前夜祭〜に行ってきました。

昨年他界された、亀淵友香さんという大師匠を通して繋がった、すごいシンガーの皆さんによるライブです。
我らがCOCORO*CO(ココロコ)さんも歌い、おまけにPandaさんのお誕生日前夜となれば、やはり行かなくては〜!と、割と直前にチケットを予約しました。行ってよかった!

楽しく素晴らしく幸せなライブでした。
歌は心が大事ですが、技術がなくては、充分にその心を表現することができません。
その両方を堪能しました。ライブの間ずっと、ニマニマ顔が止まらない状態♪

お友達のみらちゃんが誘ってくれてココロコさんにどんどんはまり、今や私もすっかり立派なファン。
ココロコの歌と歌声は、魂に響きます。


昨日の朝、自転車をこぎながら空を見上げました。青い空の前には、キラキラした木々の緑。
「この世界は青と緑だー」と思いました。Pandaさんのお誕生日にぴったりだ!

From a Distanceという、有名な歌があります。
きたがわてつさんという骨のある素敵なシンガーさんが、From a Distanceの日本語訳をされました。その歌を、ココロコが歌っています。Pandaさんはソロでも歌っています。
歌詞が心に沁みわたります。


私たちは、日々笑ったり泣いたり怒ったり喜んだり、幸せだったり悲しかったり楽しんだり、傷ついたり誰かを傷つけたり。
そんな日々のなか、この世界の美しさを感じたい。この世界の美しさを信じたいです。





From a Distance  COCORO*CO





2018年05月21日

ヘイトスピーチってなに?(たどたどしく書いてます)

ヘイトスピーチ基礎講座をうけたばかりなので受け売りですが、ここで問題です。


ヘイトスピーチを日本語に訳すと?
@憎悪のスピーチ A差別扇動表現 B人を罵る汚い言葉







答はAの差別扇動表現。
単なる差別だけではなく、扇動する表現をヘイトスピーチ(HS)と呼ぶのです。

また、きれいな言葉を使っていても、中身が差別的ならそれはヘイトスピーチです。
例えば、「中国人にしてはいい人ね」とか、「祖国に帰ったほうが幸せなんじゃないかしら」など。
このように、優しそうな、一見悪気のなさそうな差別表現を、「きれいなヘイトスピーチ」=「カジュアルヘイト」と呼ぶそうです。


ここで、ヘイトスピーチとは何か、の定義です。
1.自分で選択できない(容易に変更できない)、出自、属性、性的志向などを攻撃の対象にする。
 *○○人は…と、人や集団(属性)をひとくくりにする。
2.力の強い方から弱い方に向かう。
 *社会的な力(つくられた力関係)という意味であることに注意。
3.攻撃を受けると反撃することが非常に困難⇒沈黙効果
 *「なんでいじめられるんだろう?」→さらに攻撃が続く→「「いじめられる自分が悪いんだ」と自分を沈黙させる。
  最大の沈黙は、自ら命を絶つこと。いじめで、よく起こること。
4.HSの多くはデマ(間違った情報)
 *確証バイアス(自分に都合がいいものだけを信じる傾向)が関係している。

↑一部レジメまる写しで、少しアレンジしています。
2.について、「その人が弱い存在なのではなく、社会的に弱められるんです」と、講師の渡辺雅之さんがお話されていました。納得。
出自(うまれ)や属性(男、女)など、選択不可能なものに対して攻撃することって、差別以外の何物でもないですよね。


2016年7月に、津久井やまゆり園で最低最悪の犯罪が起こり、19人もの命が奪われました。
障害者は全員殺す、という強い意思を持ち決行した犯人。
これは、集団殺人事件ではなく、ヘイトクライムです。
「障害者」とひとくくりにされて、大切な命が失われたのです。

このことをきちんと報道し伝える責任が、メディアにはあったと思います。でも、しなかった。私たちも知ろうとしなかった。

重い内容になってしまい、ごめんなさい。


私は、様々な人が、もっと当たり前に、おもてに(外に)出られる世の中になればいいな〜と思っています。
介護職の立場から言えば、重度の認知症の人だって、当たり前に好きなところにいって、楽しんだりして欲しい。

周りの人たちの関心と理解、そしてちょっとしたサポートがあればできること。
昨日のブログに書いた、「違うことの豊かさ」を感じるには「違いを知る。知ろうとする」ことが大事なのではないのでしょうか。


ヘイトスピーチから、少し話がずれてしまいました。
また、ヘイトスピーチの理解が浅いまま書いたので、わかりにくかったかもしれません。


読んでくださり、ありがとうございます!
皆様、素敵な一週間を



P5026337.JPG

多様な世界を目指し行動するアーニー&エイミー・ミンデル夫妻










posted by みつこ at 21:50| Comment(0) | 平和について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする