2014年10月16日

纐纈あや監督インタビュー記事よりA個人と世界の幸福

今年は金木犀の香りが長く続いている気がします。今日もいい匂いが道々に漂っていました。嬉しいなあ。

さて、纐纈あや監督インタビュー記事より@から少し、間が空いてしまいました。久しぶりにAを書きまーす。

なまえのない新聞 2010年1、2月号号より抜粋 以下纐纈(はなぶさ)監督の言葉です。
数年前、東京で、会社の帰り道に電車に乗ろうとしたら、前のドアから倒れている男性の足が見えていて近寄っていくと通勤ラッシュの満員の電車のなかで男性が倒れていました。みんな何もせずにただ見てるだけなんです。そこから降ろさなきゃいけないのは一目瞭然で、私はその人の上半身を抱えて、そこに立っているおじさんに「足持ってください」と言ってホームに降ろしました。その時、様子をうかがおうとする人も声をかけようとする人もいなかったのに、ほんとうに驚いたし腹が立ちました。
目の前で起きていることなのに見て見ぬふり!反応無し!立ち去ろうとする…。そういう場面に遭遇することが最近、本当に多い。
あの場に私が知っている祝島の人達がいたら、一番に手を貸しただろうと思います。
隣で起こっていることに見て見ぬふりをするということが、結局はいま日本の各地や世界の隅々にしわ寄せとして現われているのではないかと感じます。
自分のこの生というものが、ほんとに様々なものと絡み合っていまここにあるということの実感を取り戻すことが、自分1人だけじゃなくて、自分の家族、住んでいるところ、日本、そして地球というものが全体的に幸せになっていくことの最初の一歩なのかなと思います。さいきんよく宮沢賢治の言葉を思い出すんです。
「世界がぜんたい幸福にならないうちは、個人の幸福はあり得ない」という。
これは自分とすべてのもの、世界がつながっているという実感から出てくる言葉なんだろうなって思うようになりました。



宮沢賢治のこの言葉は私も好きで、時々パッと浮かんでくることがあります。
逆説的ですが、私たちが私たち個人の幸福について思い、考え、感じ、行動し探求していく(自覚を持って意識的に、真剣に、そして楽しんで!)ことで、世界の幸福に結びつく糸口をみつけてもいけるのかもしれません。


東京も朝晩は冷え込むようになりました。皆様のところはいかがでしょうか。お風邪をひかれませんように!
またいつかBを書きますね。



posted by みつこ at 22:41| Comment(0) | 平和について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月12日

2013年8月6日 当日の広島B


冷たいおしぼりのサービスもあります。
P8060260.JPG

スタッフさんが手渡ししてくださる。
P8060264.JPG

おー!ヒエヒエ!生き返る感じ。
P8060259.JPG

外国の人も気持いいのかな。
P8060263.JPG

平和記念資料館横では、広島中・高生ピースクラブによる「サダコと折り鶴ポスター展」(タイトルは正解ではないかもです)のイベント中。去年もちょこっと書きました→P8060266.JPG

色々な国の人が鶴を折っています。
P8060269.JPG

P8060271.JPG
可愛らしい女生徒さん2人とお話をして、ホクホクです。頑張れ若者!若者じゃない私も頑張るよ。

P8060272.JPG
準備中の気になるイベントですが、ここの席をお借りしてかき氷を食べました。はあ幸せ。


では、平和記念資料館へ!資料館を訪れるのは、今回で3回目かな。
地下1階の「はだしのゲン原画展」から行きます。
P8060280.JPG

中沢啓治さんの描く世界は、土臭くて力強い。リアルで温かい。
P8060281.JPG

実は「はだしのゲン」は、ところどころしか読んでいません。この前の年の12月に亡くなった中沢さん。8月6日が近づくと、広島を特集した番組によく出演されていたので、勝手に親しみを感じていました。素敵な方でした。お話の内容も心に響くものでした。
ゲンの原画、素晴しかったです。一枚一枚の原画に、まさに釘付けです。

原画展の展示だったか、隣の部屋の展示だったかは忘れましたが。
8時15分のままの時計。理髪店の壁掛け時計。
P8060286.JPG
時計の持ち主の方は当時11歳。疎開していて、直接の被爆は免れたのですが、市内にいた御家族は全員亡くなった。後日、親戚の方とお店のあった場所を掘り起こしたときに、遺骨とともに見つかった時計、と書かれています。床屋さんを営まれていたお父様が仕事の合間に見たりしていたのかな。ご家族の日常とともに在った時計だったことでしょう。
P8060287.JPG



1階に移動します。ここからが通常の資料館です。全てをまわるのに、丸一日は絶対にかかります。明日も来る予定なのですが、今日もみるところをしっかりみなくては。
日本が、軍国主義の道を歩んでいくプロセスから原爆が投下されるまでの詳しい経緯を知ることができる、資料館の大事な入口。東館1階です。


8月5日 前夜
P8060291.JPG
美しくそびえ立つ、広島県産業奨励館(原爆ドーム)。


8月6日 被爆
P8060297.JPG


写真を撮っていたら、杖をついた70代の女性が話しかけてくれました。「うちはこの辺にあったんですよ」と。被爆後は跡形もないです。前日から今まで(何故だか頑張って)こらえていた感情が溢れ、涙が出てしまいました。(ご本人は泣いていないのに…)
その方は、市内から少し離れたところにいたので、無事だったそうです。良かった。
数日後に市内でお兄さんと再会をしたそうですが、1ヶ月も経たない8月末に、お兄さんは、いわゆる原爆症で亡くなった、と話してくださいました。
色々と質問をしてしまい、結構長い時間お話をしました。

P8060294.JPG
「この日本銀行(手前の四角いビル)は残っていて、今でもありますよ」とおしえていただいたり。

P8060295.JPG
ホントだ!

色々なお話を聞かせてもらいました。「宮島に行くなら、揚げもみじ(まんじゅう)がおいしいわよ」なんて耳寄り情報も。優しく柔らかくお話をする素敵な女性、素敵な時間でした。ありがとうございました!

P8060298.JPG

P8060299.JPG
その後、資料館でボランティアをされている女性にも話をうかがいました。
先の女性のお話と共通して感じたこと。「どくだみってすごい!そしてどくだみを選んだ広島の人たちはすごい!」。
煎じて飲んだり火傷に塗ることで、症状が改善された人がかなりいたそうです。


いつの間にか、時間が経っています。14時〜の被爆体験のお話を聴きにいかなくては!と、再び地下1階。メモリアルホールへ。
P8060282.JPG
こちらもお話をうかがって良かった!


P8060300.JPG
ローマ法王(当時)の平和アピール碑。1階入口近くにあります。

P8060306.JPG
一度は分断され分裂した世界が、再びひとつになった。

「過去を振り返ることは、将来に対する責任をになうことです」
「ヒロシマを考えることは、平和に対しての責任を取ることです」
私達は、平和を創る責任がある。そして創ることができる。世界の平和と私たちの心の平和。つながっています。
去年も似たようなことを書いてますね→


15時を過ぎてしまい、訪れたい場所がたくさんあるので、資料館は今日のところはここまで。1階の一部までしか見られなかったけれど、貴重な体験をしたので満足です。


資料館を出て平和大橋を渡ります。
P8060308.JPG

遅ランチ。
P8060314.JPG

アツーイ暑い日に、快適な涼しいところに移ることができる。おいしいご飯がいただける。今の私が当たり前にしていること。
本当は特別で素晴しいことなのだ、と6日のこの日に思いつつ、丁寧にいただきました。


さあ次は、広島第一県女の碑に行きます!
Cに続きます。

もうしばらくの間、お付き合いくださいませ。



posted by みつこ at 13:40| Comment(0) | 平和について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

2013年8月6日 当日の広島A



平和記念資料館の上からもTV撮影。何て暑そう…。
P8060220.JPG

式典が終わりました。
P8060222.JPG

P8060223.JPG

P8060224.JPG

色々な心遣いが嬉しい。
P8060226.JPG

P8060227.JPG

このコーナー、蛇口が数箇所あり、蛇口の数だけスタッフの皆さんがいて、手早く提供してくれます。おいしくいただきました!献花の葉がしおれかけてるよ。すまなかった。
P8060229.JPG

おいしいお水に元気100倍。参拝の列に並びます。
P8060230.JPG

9時20分頃です。暑いなか並ぶ参拝者に、またまた素敵な心遣い。
P8060231.JPG
テント上方より、ミストが出ています。並んでいる皆さんから「あ〜!」っと驚き&喜びの声があがります。
P8060232.JPG

30分近く並びました。
P8060238.JPG

お花を水にさして亡くなった方々にメッセージを伝える。
P8060239.JPG

まだまだ並んでいる、日本人を含む様々な国の人たち。「ご自分の国からこの日を選んで、広島に来てくれてありがとう!」と感謝の思いが、なぜだかわいてきます。
P8060242.JPG

色々行き届いていて素晴しいのです。
P8060243.JPG



Bに続きます。
広島の暑くて熱い一日。また見に来てくださいね。



posted by みつこ at 21:37| Comment(0) | 平和について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

2013年8月6日 当日の広島@

今日の広島の朝は珍しく雨天。昨日からの雨が降り続いていましたね。山口県や周辺の地域の方々は、豪雨で大変な思いをされたことと思います。


さて、広島の平和記念式典、東京ではNHK総合で毎年生放送をします。放映時間は35分ちょっと。他のTV局は毎年、結構な無視状態です。
しかーし!広島では、全テレビ局が生中継を含め、特集を組んでいます。この温度差の違いといったら。

ご覧いただけますでしょうか↓
P8060162.JPG
今↑見てあれっと思ったこと。昨年もこの日「あさイチ」で、「戦争ってなに?」特集をしていたんですね。この日ではなくて他の日に観たような気がするのですが、今日も「子供に戦争のことを、親としてどう伝えるか」特集でした。職場なのでながら見ですが、イノッチとか、去年も似たようなことを言ってた気がするぞーとツッコミ。イノッチ好きですけどね。この内容をテーマにまた書きたいです。


ホテルにて。
TVでは7時台から(もっと早くから?)、原爆ドーム、平和記念公園周辺の実況をしています。すごく近くに存在する原爆ドームをTVで観る。
P8060168.JPG


ドーム近くには機動隊の人たち。
P8060169.JPG

色々な団体の人たち。
P8060172.JPG

子供たち。
P8060173.JPG


去年の8月6日は快晴でした。朝からとても暑い日です。セミの大合唱。
P8060174.JPG

P8060176.JPG

たくさんの人人人。
P8060181.JPG

P8060182.JPG

平和公園の式典会場に向かう途中で献花をもらいました。
P8060190.JPG

式典会場も既に人がたくさん。
P8060187.JPG

松井広島市長の言葉をかみしめます。見えずとも声は聴こえます。
P8060195.JPG

こんなにも暑い朝、こんなにも青い空、セミの声が響き渡るなか原爆は落ちたのか。8時15分を少し過ぎた広島の空。
P8060198.JPG

じりじりと前へ進む。
P8060201.JPG

P8060204.JPG

平和の歌。
P8060216.JPG
この辺り、東京では、TV放送はとっくに終わっていて、朝ドラが始まっていたことでしょう。


Aに続きます。

posted by みつこ at 22:43| Comment(0) | 平和について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月05日

2013年8月5日 前夜の広島

こんばんは!
今年の8月6日も広島にいたかったのですが、諸事情により(仕事休めない)泣く泣く諦めました。大事な今年に行けないなんて、残念すぎます。

昨年は8月5日に広島に到着しました。前日の様子を、写真をメインにしつつシェアしたいと思います。見ていただけたら嬉しいです。

5日は夕方からゲリラ豪雨。原爆ドーム近くのそごうに避難してお好み焼きを食べたりして→おいしかった!
6時過ぎにやっと雨があがりました。

P8050038.JPG
原爆投下の目標となった相生橋より。原爆ドームと元安川。

P8050045.JPG
対岸から見る原爆ドーム。

P8050046.JPG
対岸川沿いにて。ドームとアート。


日が暮れてきた。
P8050053.JPG

P8050055.JPG

P8050057.JPG


川の真ん中と対岸では、ピースコンサートが始まっています。音楽と川からの風が心地よい。雨上がりの夏の夕暮れ。
P8050058.JPG


P8050072.JPG

明日の準備は終わっているようです。
P8050073.JPG

P8050112.JPG

P8050095.JPG

P8050097.JPG



ピースコンサートが続いています。二胡の演奏に惹かれました。メインの先生は中国人。平和についての思いを語っている姿が素敵でした。
P8050122.JPG

P8050132.JPG

P8050137.JPG

P8050130.JPG

P8050138.JPG


穏やかで優しく、音楽が聴こえながらも平和な静寂を感じる前夜の広島でした。



posted by みつこ at 23:04| Comment(0) | 平和について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする