2017年03月29日

悲しみとも仲良くなる

昨日は青山の映画館、シアター・イメージフォーラムで、ユーリー・ノルシュテイン監督特集上映「アニメーションの神様、その美しき世界」を観ました。監督生誕75周年。
6本の短編アニメーションが続けて上映されています。ノルシュテイン監督の作品を観るのは、初めて。

セル画ではなく切り絵を用いた画面は、立体的で繊細な美しさがあります。何が起こるのかわからない未知の世界。観ているうちに、安心感と不安感が交差するようなドキドキ感で、心が一杯になりました。
ノルシュテインの作品でも特に人気の高い「霧の中のハリネズミ」は、やはり素晴らしかった!
あらすじを少し抜粋すると、

夕暮れの野原をハリネズミのヨージックが急ぎ足で歩いている。友だちの子グマの家でお茶を飲みながら星を数えるために。しかし、いつしか周囲には夕霧がたちのぼり…。

10分程の映画です。
ハリネズミのヨージックは、霧の中にみた白い馬に惹かれて、自らそこに足を踏み入れます。霧の中は、今まで体験をしたことのないことばかりがめまぐるしく起こり、まさに異次元。
小さな生き物ヨージックは、どうなるのでしょうか。

31日まで上映しています。ご興味のあるかたは、是非観てくださいね。他の映画もとても面白いです!


さて本題です。
悲しいとき、さびしいときなど。いわゆるネガティブな気持ちになったとき。
皆さんはどうしていますか?

なんだか漠然とした質問ですね。
悲しかったりさびしかったりするときは、その原因となる何かがあったり、ときに原因が思い当たらないこともあります。

こんな気持ちでいるのはもう嫌だ!こんな感情はなくしたい!
と、忘れようとしたり気を紛らわそうとすることも、あることでしょう。それもいいと思います。

といいつつも。
その悲しみやさびしさを、ただただじっくりと体験してみることも大切です。
ただ「私は悲しい」
ただ「私はさびしい」

意識的に感じてみる。
ネガティブといわれている種類の感情なので、感じること自体、こわいときもあることでしょう。そんなときは、ちゃんと「こわい」を感じてみる。

とことん、その気持ちや感情を体験しきると、新しい何かが起きてくることもあります。

こわいから、悲しい気持ちを忘れようと頑張る。そうなると、「私の中にいる悲しみやさびしさ」は忘れられることが切なくて、もっと主張をしてくるかもしれません。

感情解放のセラピーテクニックやワークなどを有効に使うことにより、楽になることもあるでしょう。
ただ、その悲しみやさびしさが「すぐには解放されたくない。ちゃんと存在に気づいて欲しい」と決めているときは(本当に決めてます)、解放系セラピーやワークは、いまいち効果は薄いかな〜と思います。

じっくりと自分の気持ちや感情に向き合って、自分なりの方法で表現してみることで、「今まで知らなかった私」にめぐり会えることもあります。

ハリネズミのヨージックが、子グマの家に向かういつもの道から外れて、霧の中に一歩踏み出したように、「私の中の未知の世界」に一歩、足を踏み入れてみませんか。

必要なときには、お手伝いをいたします!



3867.JPG
霧の中、蛍を懐中電灯にしてるヨージック

3866.JPG
友だちの子グマとヨージック←このふたりのぬいぐるみが、一瞬欲しくなりました







2016年12月28日

麻実さんの言葉 


今のお仕事(介護)も人をサポートする対人援助職なので、充子さんがもってらっしゃる長所とかクオリティに関するお仕事だと思うんですけど、今やってる(援助対象の人)のは、利用できるだけの、施設にお金を払えるだけの人ですよね。レベルで言うと。
で、直接社会構造とか、差別とか虐げられてる人にアプローチするっていうのは、実は近そうで遠いんですね。
分野としてはつながってると思いますけど、充子さんの魂が震えて涙が出て、ほんとに変えたいとかほんとにどうにかなればいいのにって言ってる分野とはちょっと違いますよね。近そうでいて。

2013年の初夏に受けたセッション。
カウンセラー酒井麻実さんの言葉です。

前後のことを書かずにこの言葉だけを書きました。

なんのこっちゃって感じもありますが、今の私には、とても響く言葉。受けている2013年の私よりも「そうか!」と思っています。
時間差で更にグッとくるんです。麻実さんのセッションは。


このブログのプロフィールに書いてあるように、私は介護の仕事もカウンセラーの仕事も大事で、とても好きです。他にも好きなものはたくさん。
その好きなものたちをまとめて、より生き生きとさせていくための「軸」が、明確になってきたな、と感じています。
今年の収穫だわ。

来年はもっと行動に移していこう!こんな自分勝手な私で大丈夫か?という心配もあり。
同時に「自分勝手な私」を伸び伸びとさせてあげたいとも思います。

心の底から楽しい!ってことをしよう。


皆さんの魂が震えることって何ですか?
それはとても大事な、何か。






2016年12月16日

それって変だよね!シリーズ@


唐突に こんなシリーズ はじめたよ。
と、七五調。

一日介護の仕事を頑張って、とても疲れているので(でも書きたい)、テンションが変なまま書きますね。

「ちょっとそれって、変じゃない?」
と思うことが、日々たくさんあるのです私。
で、結構怒ってます。投影といえば投影ですね。

本当はツイッターなどでつぶやいたほうがいい気もするのですが、SNSは放置中のため、ブログのシリーズにしてみました。

早速、今日の「それって変だよ〜」に入ります。

私の家にはTVがないのですが、職場(介護施設)にはあり、共有スペースでは、日中のほとんどの時間、TVがついています。

仕事中なので、通りすがりにみたり聞いたりするくらいなのですが、結構プリプリしては苦笑されています。
「昭和のお父さんか!」くらい、TVに向かって文句をつけてるかも。
同じ施設にいる皆さん、ごめんなさい。

今日みた番組が、どのTV局か何の番組かなど、全くわからないまま書きます。あるバラエティ番組のひとコマです。

男性お笑い芸人(多分)が2人くらい(多分)で、どこかの高校に行き、その高校の女生徒に聞くのです。
「この学校で一番可愛い子って誰?」
…この時点で、軽くイラっとしてます私。食事介助中&記録書き中なので、耳だけ傾け状態。
女生徒2、3人「あの子あの子」
芸人「芸能人で言うと誰に似てる?」
女生徒「○○(私、聞き取れず)」
そしてジャジャーン!
「一番可愛い子」登場。
芸人「おおー!すごく可愛い!○○に、似てる似てる」
VTRを見ている、他の出演者「ほんとだー!可愛い」「こりゃオスカー(芸能プロダクションさん?)からスカウトがくるよ」

その先は、忙しく全くみていないので、ここまでの内容です。
番組が、どんな企画かもわからずに書きますが、何て色々無神経なんだろ!と思いました。

変だよね@
最初に聞いた女生徒は、その芸人から見て(あるいは番組から見て)「一番可愛い子」じゃない前提なのか。
番組とはいえ、校内の女の子をつかまえて、「(あなたじゃない)一番可愛い子はいる?」って聞いてるようなもんだ。失礼かつ無神経。
変だよねA
大人の男(芸人 30代?40代?)が、自分よりもずっと年下の未成年、しかも素人女性の容姿について評価をする権利はない。番組制作側にもそんな権利はない。
変だよねB
可愛いく(綺麗で)あることが、女性の人生にとって一番大事、という価値観を、大人が、若い人に植え付けてない?それが「真実」だと信じて、悩んだり苦しんだりする子がいるかもしれないと、何で考えないんだろう。
変だよねC
そもそもいい大人が、全国ネットで、容姿をあれこれ言うのは幼稚。恥ずかしい。
プロの女優さんなどを「美しい」と讃えることはいいけれど。
変だよねD
登場した「一番可愛い子」に対して、「オスカーからスカウトがくるよ」って名誉みたいに言われても…。彼女の将来は彼女のもの。「可愛い」だけで彼女を評価するのは、褒めてるようで、そんな対象としか見ていない。これもまた失礼なこと。
といいつつ、大人(おばちゃん目線)の私から見たら、若い子はみんな可愛く見えるわ〜。
変だよねE
もう本当に、こんな番組が多い!気がする。面白くみている人はいるのだろうか。
例えば、
「この学校で、一番自立心がありそうなコは誰?」「チャレンジャーなのは?」「創造力(想像力でもいいね)にあふれたコは?」「動物好きは?」「縁の下の力持ちは?」
なんて企画なら面白く見るのにな。TV持ってない私が言いますが。
変だよねF
同調している番組出演者。
変だよねG
きもい「オッサン目線」を「正しい目線」として扱っている場。
変だよねH
こんな番組が普通に成立していること。容認している社会。
文句を言うと「まあまあ。感じ方は人それぞれだよ」とか言う社会!


この番組を(詳細不明ですが)1分くらい小耳にはさんだくらいで、こんなにツッコミがたくさん書けてしまいました。
最初に書いたようにとても疲れているので、酒場でクダ巻いてるみたいな文章です。

みた人の魂が震えるような、素晴らしい番組、作品もたくさんあることでしょう。
そんなものが、もっともっと増えて欲しいし、増やしていきたいと思います。

読んでくださった皆様、ありがとう!


変だね!と思うことを、これからも堂々と書きたいな。
おやすみなさい。





2016年12月09日

おすすめのお茶会とキャンペーン

もう12月。今年もあと少しですね〜。

さて。
セラピストの友人2人の、オススメ情報です。

☆心理カウンセラー道子さんによるイベント
規格外❤女子のお茶会
↑私、参加します。

☆心理占星術のみらさんによるキャンペーン
2017年星読みリーディング
↑私、申し込みました。

友人としてもセラピストとしても、大好きなお2人です。

「セラピストとして好き」ってどういうことなんだろ。
と、私自身に問いかけたときに、ひとつの答として、

主体性をしっかりと持っていること、が挙げられます。

いわゆるスピ系な場では、私(自我=エゴ)は、悪者にされがちだったりします。
エゴとエゴの深いところにある思い込みを、できるだけ早く癒そう、解放しよう、とかね。(注:これもアリです)

声を大にしていいたい。

エゴは大切なんです!

エゴをしっかりと持ちながら、エゴと共に生きるって、愛を語るよりもある意味、難しく、そして勇気がいること。
もっといえば、
主体の私を大事にすることも、愛なんです。

「エゴの私」をサポートできるセラピストは、日本には(外国のことはよくわからないのですが)、実は少ないかな〜と感じます。


しっかりと地に足を着けて生きていきつつ、愛を大切にしたい皆様。
おすすめのお茶会&キャンペーンですよん!!






2016年11月22日

クライアントとしてうけたセッションの録音を聴く

今日は大きな地震がありました。
皆様、大丈夫でしたか?東京も結構揺れましたね。


ここ数日は3年前くらいにうけた、個人セッションの録音を聴き返しています。

酒井麻実さんがカウンセラーを辞められて、麻実さんロスの真っ最中だった当時の私。
新しいセラピストを決めたものの、かなりやさぐれていました。

そんな、新セラピストとの初セッション。
録音をさせてもらいつつも色々な理由が私のなかにあり、ずっと聴いていなかったのですが、勇気をだして聴いてみました。

意外にも、めちゃくちゃいいセッションでした。

セッションのなかで、セラピストのKさんが話している内容は、今聴くとすごく興味深くて面白いのですが、その場での私は、反応が鈍い。やる気もない感じです。
Kさん「(プロセス的な面白い内容)…なんですよ」
私「はあ。何か今ちょっと疲れちゃってあんまり頭に…(入らない)ハハハ…だんだん、お話を聴いてたらボーっとしてきました」
Kさん「まあ、エッジですね(笑)」
私「エッジですね…ハハハ」
Kさん「でもすごいいいキャッチです。ありがとうございます。早く言いすぎちゃったのかも」
といった流れ。
ひょっとして、これ読んで面白いのは当事者の私だけかも。と思いつつ続けます。

Kさんの話もさることながら、私自身のフィードバックが、とても興味深い。
何を言われると嫌なのか。
どんなことが嬉しそうなのか。
どんな話し方の癖があるか。
言葉以外で、どんな癖があるのか。
など。
たくさんの「私」に気づきます。
言いにくいことを頑張って言っているときは、語尾に「ハハハ…(笑い声)」をつけてるな、とかね。
この「ハハハ」も大事にしたいところです。

そんなこんなで、私のテンションも低く、いいセッションという記憶がなかったのに、今聴くと感動的な瞬間がある、という驚き。

セッション後半に「やりたくない」というキーワードが出てきました。
Kさん「やりたくないって言ってくれて、すごい、良かったと思います。どんどん言ってください。どんどん抵抗してください」
私「(心からの笑い)嬉しいですね、そういうのはね。そういうのって嬉しいですよね」
Kさん「あ、そうですか」
(そして、クライアントとセラピストの関係性ありがちパターンの話になります。面白いけれど省略)
このときの私は、言葉どおり、本当にものすごく嬉しそう。嬉しいを繰り返し言ってます。
自分ながら愛しい気持ちになり、聴く度にじーんとしてしまいます。セッション時は、全然、じーんとしていないのですが。

自分のうけたセッション。
時間差で聴くとまた、新たな発見や気づきや感動があるものです。


ちなみにエッジ(境界)とは、プロセスワークでいう、無意識の抵抗のことです。
私の大好きな本「紛争の心理学」で、アーノルド・ミンデルがエッジについてこう書いています。

『浮上しようとしている「何か」を怖れから抑圧するときに起こる、個人や集団におけるコミュニケーションの行き詰まりのこと』

エッジについてのこの説明が、個人的にお気に入り。
グループのなかで、誰かが「空気を読まずに」発した言葉により、その場が一瞬、シーンとなることってありませんか。
そんな瞬間の状況を、その場に「エッジが立つ」と、プロセスワークでは言います。
エッジのワークも大切です。


今回(も?)、起承転結が特にない内容でしたが、「結」として、
カウンセリングをうけるのは、面白いですよ!
というメッセージを送ります。

11月末まで、90分セッションがお得です。この機会に、是非うけてみてくださいね!
セッション可能な枠が残り少なくなりましたので、お早めに〜。