2018年02月16日

テレプシコーラ 舞姫

今日はまた、風が冷たい一日でした@東京。
そういえば今日は日食。色々と感情が動いた一日だったな。

さて、私事ですが。
2月は「働く月」と決めて、仕事を詰め込み中。セルフブラック状態です。
施設介護の現場で日勤業務の場合、3日連続勤務がギリギリイケると言われています→私調べ。4日連続勤務からは、心身共に疲労がズッシリきます(夜勤も続くとそれもまた大変なのですが、また別の話)。
なのに(年も考えず)、5連勤、6連勤務をしている最近の私。ものすごく疲れました。朝起きると、何だか全身筋肉痛だし、思考がうまく回らない。
とりあえず寝る前のストレッチ(テキトー)と、早めの睡眠を心掛けて、やや復活しています。


そんな疲れている私ですが、山岸涼子さんの「テレプシコーラ」第1部、全10巻を借りて読んでいます。
つくづくすごいマンガだ!
10年以上前に、雑誌ダ・ヴィンチで連載していて、毎月楽しみに読んでいました。途中読み損ねた回もあり、改めてじっくりと読んだ今、さらに衝撃をうけています。

主人公は六花(ゆき)ちゃんという女の子。物語のスタートでは小学5年生。
そして六花ちゃんの姉である千花(ちか)ちゃん。小学6年生。
お母さんがバレエ教室を開いていて、2人とも小さな頃からバレエを習っています。

いきなり話が飛ぶようですが、今日の羽生結弦くん(平昌五輪ショートプログラム)を観て、千花ちゃんのことがふとよぎり、何とも切なくなりました。
(羽生くん、素晴らしかったですね!仕事中でしたが、皆で観ました)

羽生君と千花ちゃんが似ている、というわけではないのですが、ダブって見えてしまう瞬間がありました。
千花ちゃんは、物語上の人物ですが、そうは思えない読者も、たくさんいることでしょう。

バレエの才能にあふれていた千花ちゃん。手足が長くて美しく、強くて優しい。
何よりも、ものすごい努力家です。日々の練習を決して怠ることなく、コツコツと精進する日々。
ハードな練習の後は勉強も真面目に頑張り、学年で1番をとっています。
決して妥協をしない女の子。
お母さんの期待にも応えるべく頑張り続け、妹を励まし、弱音を吐かない千花ちゃん。

お母さん、六花ちゃんたち家族、バレエの先生や仲間たち、学校の先生など大人たち。
誰もが千花ちゃんに期待し、バレエがうまくて当たり前、勉強ができて当たり前、と思われています。

怪我をしても「千花ちゃんなら大丈夫だよ」と言われ、「バレエができない千花ちゃんなんてあり得ない」と思われ、強さを求め続けられた千花ちゃん。
私たち読者にまでも、そんな千花ちゃんを期待されていました。
最後の10巻でも千花ちゃんはまだ15歳だったのです。

胸が痛いです。


「テレプシコーラ」
大人が読むと、更にズシッとくるマンガです。
未読のかたは是非ご一読あれ。
山岸先生、ほんと素晴らしい!


明日も仕事なので、とりあえず今日はここまでにします。



posted by みつこ at 21:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

7月が終わる

ひゃ〜!あっという間に、大好きな7月が終わります。
夏も盛りとなってきました。皆様、いかがお過ごしでしょうか。

思えば去年7月の参院選は、自民党の圧勝でした。安倍政権の悪口をその辺で言おうもんなら、高確率で「無言の困り笑い」フィードバックが多かったのに、今年はかなり状況が変わってきましたね。悪口や批判がいいやすくなりました(笑)

介護職のサポート含め、色々とお伝えしたいことはあるのですが、今は私自身にサポートが必要な状態ですので、しばしお待ちを。介護の仕事、本当にエネルギーを消費する仕事です。
好きだけれど大変。大変だけど好き。だからこそ?好きなのか。
介護に限らず、対人援助職はもれなくエネルギー持ち出しますよね。

とはいえこの7月は、濃厚で楽しいひと月でした。素敵な人たちと素敵なときを過ごし、胸が一杯になることもたくさんありました。エネルギー補給、してましたね。サポートもされてた。

感謝の気持ちを込めて、ありがとう!

8月は、もっと書きたいです。


posted by みつこ at 21:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

今週は映画三昧(私にしては)


今週は、気になっていた映画を観ることができました。

週の始めに“わたしは、ダニエル・ブレイク”(イギリス映画)
今日は“トトとふたりの姉”(ルーマニアのドキュメンタリー映画)

ふたつの映画に共通しているテーマは「貧困」です。
あと、音楽(BGM)がほとんど流れない映画であることも、共通しています。
派手な演出は皆無。

内容は全く違うのですが、ふたつともとてもいい映画でした。
ダニエル・ブレイクのラストの言葉は、鋭く深く、胸に突き刺さります。貧困を「自己責任」とみなしている、全ての人に伝えたい。大泣きしました。
「人としての尊厳」を守ることの大切さと難しさ。介護現場においても最重要事項である「尊厳」。なのに、いざ現場に身を置くと、忘れがちな言葉です。

観にいった、高井戸シネマとポレポレ東中野。
どちらも好きな場所です。

詳しい内容は、改めて書きますね。

posted by みつこ at 23:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

5月のつぶやき

お久しぶりです。

皆さんはどんな5月を過ごされましたか?

私は、様々な報道に憤ることが多かったような気がしますが、憤っているのは、何も5月に限ったことではないような気もします。ふふふ。

ここからいきなり、憤りプラスぼやきます。
安倍総理をはじめとする、現政権の卑怯卑劣さには、ホントうんざり。ダメな大人すぎでしょ。
文部科学省の前事務次官である前川喜平さんは、「あるべき大人」としての姿を見せてくれました。それなのに、女性問題などを(出会い系バー通いのこと)浮上させ、彼を陥れよう作戦で、問題をなかったことにしようとしているおじさんたち。あまりにもセコイ…。
子供たちや若い人たちに、恥ずかしいよ〜。

前川さんの姿をみて、私も大人として頑張ろう!と改めて思いました。

とぼやいていますが、新緑に見とれてばかりいた5月でした。
今日も素敵な一日でした。

6月はもっと色々書きたいな、と思っています。
よろしくお願いします!


posted by みつこ at 23:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

2016年 大晦日


こんばんは!
2016年も、あと数時間ですね。

いきなりですが。
施設介護職あるあるエピソード

「今日が何曜日なのか、すぐにわからない」

明日の元日は、日曜日なんですね。

「よいお年をー!」と言い合って、翌日(新年)すぐまた会う…←これまた、施設介護現場あるあるエピ。明日も仕事です。

ひとこと言いたい!
介護職だけでなく、お正月勤務の人たちには、国から特別手当を支給して欲しいぞ。
しょーもない防衛費とかに、膨大な(私たちの)お金を使って欲しくないもんです、来年は。

屋根のないところや寒いところで眠らざるを得ない人たちも、たくさんいます。国が助けようよ。ほんとに。

と、大晦日にぼやいてます。
これって変だよね!シリーズでまた書こう♪

今日も、交感神経バリバリで働きました。鼻息が荒い感じです。(明日の皆様と行く初詣は楽しみ)
仕事のあとに、年賀状書きを頑張りました。書き終わると、とても清々しい気持ち。副交感神経モードに変わりました。
大切な人の名前を手書きで書くのって、ちょっと緊張。そして嬉しい。字を書くのは得意ではないのですが、とても落ち着きます。


今年一年、好き放題に表現させてもらった、このブログ。
読んでくださり、ありがとうございます!!
来年は、さらに面白くしていきたいな〜。


皆様、素敵な新年をお迎えくださいね!





posted by みつこ at 22:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする