2017年08月11日

白百合の花が咲く頃 という唄

早やお盆の時期になりました。
久しぶりに聴いた、「白百合の花が咲く頃」。
沖縄戦の唄です。
唄の内容はフィクションですが、こんな出来事がこの当時日本や、世界のあちこちで起こっていたことは、まぎれもない事実。
とても美しく、とても悲しい唄です。聴くたびに、本当に可哀想で、涙が溢れてしまいます。
そして、私に決意をさせてくれる唄です。
「こんなことはもう二度と、絶対に起こしてはいけないのだ」と。今も世界のあらゆるところで起こってもいます。止めなくてはいけませんね。

作詞作曲は、宮沢和史さん。
歌っているのは、沖縄出身のテノール歌手で牧師さんでもある、新垣勉さんです。新垣さんご自身が、生まれて間もなく視力を失われ、とてつもない絶望を体験されています。希望と生きる力を感じずにはいられない、素晴らしい歌声。

もうすぐ72年目の終戦記念日です。日本が戦争に敗けた、ということを、国民が知らされた日。

皆さん、よかったら聴いてくださいね。
この唄を聴かれて、何を感じられるでしょうか。
(動画をふたつ、貼らせてもらいました)

新垣勉さんの生歌です。



こちらはCDの音声かな。間奏は省略されています。最後は宮沢和史さんとのハーモニー。
posted by みつこ at 19:00| Comment(0) | 平和について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: