2017年04月16日

なぜ介護職のサポートをしたいのか?

前回書いた、介護職のサポートをしていくことについて、ちょっとつぶやき。

お年寄りが好きで介護の仕事が好きなプロの介護職、もしくはそうなりたい人がもっと増えて欲しい、そして楽しく生き生きと仕事をして欲しい、という私の願いがあります。
そういった人たちが潰されて(色々な意味で)辞めてしまうこの現状、そうでない人(介護好きじゃないとかプロ意識が低いとか)が介護現場に多い現状です。そうでない人が多数だと(そうでない人にも事情はあるのですが)いい現場には決してなりません。

ブラックがデフォルトになっている介護系企業や事業所も多く、そんな中、心ある人、情熱を持った介護士が、心も身体も疲弊してボロボロになっていくのを見るのは、とても辛いことです。
そんなことがあってはいけないし、そんな会社、そんな世の中は、絶対に変!

ブラックな扱いをうけているのに、現場から声があがることは少なく、主張をすると叩かれたり、何だか面倒なことになったり。
何だか、この国の縮図を見ているようだな〜。

そんなこんなで、私はお年寄りも介護の仕事も好きなので、介護職をしていますが、この両方が「大っ嫌い!!」と心底思うときもあります。
以前は、そう思う自分を、無意識にものすごく責めていましたが、今は「それも必要な思いなんだ」と受け入れつつあります。

脈絡のない内容になってしまいました。

夏までには、このサポートについて、お伝えしようかと思っています。
遅くてごめんなさい。


読んでいただき、ありがとうございました!


posted by みつこ at 23:20| Comment(2) | 介護の仕事やお年寄りの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも楽しく見ています。
「介護職のサポート」は私も興味のあるテーマです。
私は以前、人間関係で苦しみ世間的には安泰と言われた立場を捨て紆余曲折の末、技術職(介護)に転職しました。 給料は半減しましたが、生き甲斐ややりがいは得ることができました。もちろん、失ったものも少なくなかったけど。
いくら経済的に恵まれていても、「自分の居場所」がないと精神的につぶれていきます。
だから、仮に私の所属する会社がブラックだとしても、私の職場だけでも、私の関わる方々が楽しく働けるお手伝いを微力ながらしていきたく思ってます。なかなかうまくいかないけど、長いスパンをかけてやっていきます。さながらライフワークです(´∇`)
長々すみませんm(。_。)m
Posted by まっぷくん at 2017年04月18日 06:19
情熱あふれるコメントをありがとうございます。
介護職は、国とか世間から不当な扱いをうけている職種のひとつだと思っています。そのことに抗議をする現場職は、ほとんどいません。本当は言いたいことがたくさんあるんじゃないかな。
もし自分の会社がブラックだと感じたら、誠実に声をあげる。違うんじゃないかと訴える。
そんな人が増えたらいいのに、という野望もあります(まっぷくんさんは、そんな方だと思います)。私自身まだまだですが、人として介護士として成熟していきたいし、介護の分野も、もっと成熟させていきたいです。
解ってもらうためには、伝え方も繊細に気をつけていかなくてはいけませんね…色々反省。

介護の仕事はカッコイイ!ってことも、伝えたい自慢したい(笑)。


Posted by みつこ at 2017年04月19日 22:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: