2016年05月01日

今日は八十八夜


5月になり、今日の東京地方は初夏の陽気でした。半袖が心地良い。

熊本を中心とした九州地方の大きな地震発生から、半月が経ちました。
今も、安心安全、とは言い難い状況に身をおかれている方が、たくさんいらっしゃいます。
今日目にしたニュースによると、各高齢者施設で、介護職員が被災されて働くことができなかったり、急きょショートステイを利用される高齢者も増えたりなどの理由により、少なくとも130人の介護や看護スタッフ(主に介護スタッフ)が足りていないそうです。
地震の前から、人手不足の施設も当然ながらあるとのこと。記事を読むうちに、じわじわと怒りの感情がわいてきます。介護職として、色々やるせない気持ちになります。

まずは、できることから実行に移していかねば!ですね。

前回の記事で、肝臓を温めようと書きました。
同じように、腎臓に両手のひらをあてて、温めたり、ヒーリングをすると落ち着きますよ。カイロを貼ってもいいですね。
グラウンディング(地に足をしっかりと着ける。地球とつながる)効果もあります。
腎臓は、背中の腰あたりの左右の場所にあります。おためしくださいね。
手をあてるついでに胸を開くと、さらに気持ちがいい!



posted by みつこ at 21:01| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。いつも楽しく読んでいます。
熊本の介護職が足りないと言うニュース、私も見ました。ただでさえ人手不足の介護の現場で、スタッフさんも被災されたりしてるわけですしね。
泊まり込みでお家に帰っていないスタッフさんもいるんだろうな。そのスタッフさんの色んなケアも足りてないんだろうな、とかいろいろと考えてしまいますね。
Posted by まっぷくん at 2016年05月01日 23:46
まっぷくんさん

確かに。残されたスタッフさんの負担が、かなり大きくなっているかも。忙しくておろそかになりがちでしょうが、ご自身のサポートも忘れないで欲しいと、切に願います。

いつもありがとうございます!!
Posted by みつこ at 2016年05月04日 00:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: