2015年04月10日

小さき声のカノン 感想なのか?熱く書いてます

映画、小さき声のカノンを、結局2回、観にいきました。今日が、シアターイメージフォーラム上映の最終日でした(昨日観にいった)。近場で次の上映は、横浜のジャック&ベティですね。

何だか様々な感情が出てきています。まとまらないまま感想などを書いてみますね。

今、心に浮かんでいる言葉↓
「日本人がお上に自分の意見を言うのって、結構大変なのかも」

この映画を観て、国が福島を見捨てようとしているのだということが、よーくわかりました。それこそ、その人それぞれ、色々な考えや思いはあるのでしょうが、私はそう実感しました。

観ている間、そしてその後も、
「国は福島を見捨てようとしている。で、あなたはどうする?!」
という問いを、突きつけられていると感じました。優しく淡々と描かれているし、可愛いエッセンスも入れているし(実は骨太な映画だけれど)そんな言葉は映画のなかには出てこないのですが、私には聴こえたのです。


さて、上記の、
「日本人がお上に自分の意見を言うのって、大変かも」について。
相手はお上だけではないのかもしれません。

職場や学校、ご近所や趣味のグループ、友達同士、家族間や恋人同士の間で、もしかしたら、日常的に起こっているのかもしれない、何か。

ちょっと脱線しつつ、でも関係あるとも思うのですが、
意外にも(?)スピリチュアルな場とか、セラピーを学んだり共有する場でも、こんなことが起こってますよね。
例えば師匠のセラピストさんは、とにかく素晴しい!ので、学ぶ側が、師匠の言うことを何でもオッケイにしてしまう空気とか。
「ちょっとここは違うんじゃない?」
なんて、師匠に公に言っている場面、あまり見たことがない。まあ日本人らしく、もっとソフトな表現になるのかもしれませんが、それでもそんな場面にはあまり遭遇したことはないかも。いいとか悪いとかではなく。
師匠に意見するなんてあり得ないという暗黙の何かがあったり、無言の圧力とか言えない空気とかもあったりしますよね。何せ相手は自分よりもずっと、わかってたり「スピリチュアル」だったり、たくさんの経験を持ち勉強もたくさんしてきた「立派な」存在だから(と思っているから)。実際にそうだったりもありますが。
万が一、それを打ち破って意見を言う「弟子」がいようものなら、他の「弟子」が、「アワワ黙って」みたいに速攻もみ消したりとか。
そんなこと、結構あるんじゃないかな〜。
スピリチュアルな場ということもあり、「みんなで楽しい空間をつくりたい」という、集団の思いもありますよね。だから、そんな楽しい場を、そんなひと言で乱されたくない。

謙虚に学んでいく姿勢は、もちろん大切です。
で!そんな学びのなかで、どんなことを自分のなかに取り入れていきたいのか、何を学んで、どのように自分に活かしていきたいのかなど、その選択をするのは、誰であろう「私たち自身」なのです。

何が言いたいのかと言うとですね(エラソウ)、そんなセラピーとか、いわゆる「癒しの場」でも、時にはそんなことが起こっていたりもする。少数意見を排除、抑圧する、小さな声を無視して、そんな声はなかったかのようにふるまって、そのセラピーや師匠やマスターたちの素晴しさを讃える声だけを聞いちゃうとか。
これって、無意識の部分で起こっていることです。

じゃあ、そんなことと比べようもないほど大変なことが起こっている福島はどうよ。
って話です。
「これを言ったら非常にまずいことになる」ことだらけになってしまっているのではないでしょうか。
福島のかたは、全く悪くないのです。それこそ、精一杯生活している。


「小さき声のカノン」で、お母さんをメインテーマにしたことは、すごい重要ポイントだと思います。
なぜなら、お母さんには、ダイレクトに無条件に守りたい存在、子供がいるからです。
国が助けてくれないのなら自分たちの子供は自分たちで守ると、自分たちで立ち上がった。笑ったり泣いたり迷ったりしながら、差別や偏見や抑圧をたくさん受けながら、一方で心あるサポートもされながら。
そして、少数派になってしまう恐れを抱えながら、お母さんたちは、自身の「小さき声」を信じて成長し、強くなっていきます。


そんななか、(一見、被害のなかった)私たちは何をするのか。どうしていくのかいきたいのか。


先日、日常の会話のなかで、私が「福島はおいしいものがたくさんあるけれど、食べられない」と話したところ、すぐに「風評被害だね」という答えが返ってきました。うーん、ムムムムムって感じました。「何このタブーな対応。話しちゃいけない空気」と、居心地も悪かったのです。
ちょっと時間が経った今の思いとしては、それぞれがお互いにちゃんと原発や放射線や放射線が及ぼす影響などを勉強をしたうえで、対等に話をしたいなあって感じです。
まずは勉強ですね。勉強をしよう!

そして。
国がどうとか行政がどうとか会社がどうとか上司がどうとか、師匠がどうとか(いわゆるお上チーム)、も尊重したいところは尊重しつつ、「ちょっとそこ、違うんじゃないかな〜」という思いが出てきたら、その自分の思いを最大限に尊重して、その尊重をもとに行動していくことが、とても大切なのかも。


話があっちゃこっちゃに飛んでいますね〜。わかり辛いかも。ごめんなさい。
もっと熟成させつつ、似たようなことをまた書いていきたいと思います。あくまでも私の思いで、現在熱めです。冷静に書くことも大事ですね。といいつつアチチ状態も大事にしたいなあ。


読んでくださって、ありがとうございました。




posted by みつこ at 23:58| Comment(2) | 平和について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちゃんとがっつり伝わってるよ〜!
横浜のジャック&ベティに行ってみよう。
Posted by みら at 2015年04月11日 21:13
おお〜!みらちゃん!!励みになるコメントをありがとう!とても嬉しいです。
ジャック&ベティ、5月始めなんだね。ムーミンも似たような日に上映だ。面白い!私も行きたいなあ。




Posted by みつこ at 2015年04月12日 22:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: