2017年06月19日

ひめゆりのメッセージ☆ほうき星が出たらまたいくさが起こる


72年前の昨日、6月18日は、国がひめゆり学徒隊に解散命令を出した日です。
米軍との激しい戦闘が続くなか薬も食料も底をつき、学徒隊は不要になったので「陸軍病院は解散することになった。今まで軍に協力をして頑張ってくれたけれど、これからは自由だ。だから壕(横穴を掘って病院にしたもの)を出て行け」と、国から命令されたのです。
彼女たちは砲弾の飛びかうなか、壕から外に出なくてはなりませんでした。
3月から6月の3ヶ月間の沖縄戦で、6月13日の解散前まで、学徒隊の戦死者は10数人、解散命令からのたった数日で、100人以上の学徒隊が、若い命を失いました。手榴弾で自決をした生徒もいました。
戦時下の日本では、敵の捕虜になると「非国民」と言われ、そんな恥をかく前に自殺しろという、国からの命令があったのですね。
ろくでもない命令ばっかだわ(怒)


映画ひめゆりのパンフレットを、最近読み返しています。とても読み応えのある一冊。
パンフレットのなかからひとつ、ひめゆり学徒隊だった方のメッセージを抜粋しますね。

私が子供の頃、親が星空をながめて、先祖から言い伝えられた話をしていました。「箒星(ほうきぼし)が出たら、また戦(いくさ)が起こるのではないか」。ほうき星とはハレー彗星のことで70年あまりの周期で訪れます。70年余たつと、親たちも死に、戦争を体験した人たちも亡くなり、指導者たちが戦争を美化しようとします。私の親たちが言っていたことは、そのことを戒めているのだと思います。

ここまで抜粋。
心に残る言葉は、まだたくさんあるので、また書かせてもらいますね。

72年目の夏です。私たちは何をしていこうか。

まずは幸せに生きましょう!

posted by みつこ at 15:23| Comment(0) | ドキュメンタリー映画ひめゆり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

長編ドキュメンタリー映画ひめゆり 今年も観ます


強行採決により、「共謀罪」法が成立しました。戦前の日本を思わずにはいられない、この現状に驚きます。
あたりまえに、政治や社会について話せる日常は、とても大事です。知識があるとかないとかは関係なく。

今年も、ドキュメンタリー映画ひめゆりを観にいく季節になりました。
毎年変わらずに、ポレポレ東中野さんが上映してくれます。素晴らしいですね。
明日の17日〜23日で20時30分からのレイトショーです。
6月23日は、沖縄慰霊の日。

ずっと書いていますが、2007年に上映されたこの映画は、ひめゆり学徒隊だった出演者の方たちの意向により、TV放映もDVD化もされません。
13年の歳月をかけて、つくられた映画です。日本がこんなことになっている今だからこそ、多くの人に観て欲しい映画です。

この映画、ひめゆりについては、2015年以外は毎年書いていました。
読んでくださると嬉しいです。

☆2012年の記事

☆2013年の記事

☆2014年の記事

☆2016年の記事



昨年の記事に、パンフレットが販売されていなくて不満…と書きましたが、どうやら品切れ中みたいです。残念!


posted by みつこ at 19:20| Comment(0) | ドキュメンタリー映画ひめゆり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

今週は映画三昧(私にしては)


今週は、気になっていた映画を観ることができました。

週の始めに“わたしは、ダニエル・ブレイク”(イギリス映画)
今日は“トトとふたりの姉”(ルーマニアのドキュメンタリー映画)

ふたつの映画に共通しているテーマは「貧困」です。
あと、音楽(BGM)がほとんど流れない映画であることも、共通しています。
派手な演出は皆無。

内容は全く違うのですが、ふたつともとてもいい映画でした。
ダニエル・ブレイクのラストの言葉は、鋭く深く、胸に突き刺さります。貧困を「自己責任」とみなしている、全ての人に伝えたい。大泣きしました。
「人としての尊厳」を守ることの大切さと難しさ。介護現場においても最重要事項である「尊厳」。なのに、いざ現場に身を置くと、忘れがちな言葉です。

観にいった、高井戸シネマとポレポレ東中野。
どちらも好きな場所です。

詳しい内容は、改めて書きますね。

posted by みつこ at 23:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする