2018年05月31日

ありがとうごさいましたlove

6年間、楽しくこのブログを書いてきました。
訪れてくださった皆様、本当にありがとうございました。

その時々で書きたいことを書いていたので、ブログとしてはテーマがわかりにくく、ムラもあったな〜と思います。
好みが偏っていたり、更新もなかなかしなかったり。
でも好き放題に書いていたのが功を奏したのか、かえって方向性が明確になった気がします。


このブログを見つけて連絡をしてくれた、懐かしいお友達もいました。
感想を伝えてくれたり、褒めてくれたりした、そこのあなたも、ありがとう!
そして、ずっと読んでくださった皆様に感謝いたします。


これからも、素敵な毎日を!
そして、素晴らしい人生をおくってくださいね

皆様の今とこれからに、幸あれ〜



5月の終わりに、愛を込めて


正直になろう

ケストナーの名作「飛ぶ教室」について、私が2012年に書いたブログ記事です。
飛ぶ教室Bかしこさと勇気
今読むと、熱いというか暑苦しい感じ…。選挙前だったのね。
でも、いいことも書いていますね、と自分フォローしたりして。うふふ。

ケストナーから、読者の子供たちへのメッセージ@飛ぶ教室
「私はただ、つらい時でも、正直でなければならないというのです。骨の髄まで正直で」
読者だけでなく、全世界の子供たちに向けた言葉なのでしょう。

骨の髄まで、心の底から正直になる。
とても難しくて、大変なことです。
そもそも正直になるって何?
よくわからなくなったりしますよね。

私の考えですが、心の底から正直になれたときはその結果がどうであれ、後悔することが少ないように思います。
正直になることで、誰かを傷つけるかもしれない。
そう思うと、とても怖いですよね。自分も傷つくかもしれない。それも怖いし。
でも、正直になれないことのほうが、もっと怖いんじゃないかな。

できる限り心を込めて正直に伝えて、それでも誰かを傷つけて、自分も傷ついた時は、そのことを引き受ける勇気を持つ!


正直になることで自分が幸せになって、大切な人も幸せになったら、それはとても素敵なことですね。
これって一生を懸けて進めていく、私たちの重要なお仕事なのかも。

楽しく精進していきましょう





ポレポレ東中野さんは、本当にいい映画館だ!

今年も、長編ドキュメンタリー映画ひめゆりが、ポレポレ東中野で上映されます。1週間限定レイトショー。
6月23日(沖縄慰霊の日)〜6月29日です。初日と最終日は、柴田昌平監督の舞台挨拶があります。

公開されてから今年で12年。私はかれこれ、20回は観ていますね〜。
魂が動く映画です。勇気と生きる力を、私はこの映画からもらえるような気が、いつもするのです。

himeyuri-poster-image25.jpg





そして何とポレポレ東中野で、人生フルーツ公開一周年記念アンコール中でした。超ロングラン!
1月20日〜6月22までだから、来月で終わってしまうのか〜。
ポレポレさんにとっても、思い入れのある映画なのでしょう。
何とも美しく、頑固で骨太、かっこいいご夫婦が主人公のドキュメンタリーです。こんなふうに生きたい。
こちらも、必見です!

jinseifruity-main.jpg





そして、ラッカは静かに虐殺されているも、上映中だった。明日までだ(泣)

raqqa-main.jpg





他の上映予定ラインナップも、魅力的過ぎます。
多分、6月23日のひめゆりは、満席になることでしょう。東京で上映してくれる映画館は、今やポレポレさんだけなのです。
ポレポレさん、ありがとう!



私はしつこく毎年、映画ひめゆりについて、書いてきました。
多くの人に観て欲しいと、心から願っているから。








posted by みつこ at 21:29| Comment(0) | ドキュメンタリー映画ひめゆり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

自分を責める声が聞こえたときに

心についての本やスピ系の本(人)などに、「自分に優しくしましょう。自分を責めるのはやめましょう」といったことが、書かれていたりします。
ある意味、大事なことです。私も、このブログで書いたことがあるかもしれません。

私の場合、ちょっと失敗をすると、「アタシの馬鹿ー!」と自分責めがすぐに始まり、そのことに気づき、「しまった!自分を責めてしまった」と反省。「ドンマイドンマイ大丈夫だよ〜」と、今度は自分を励ますという、謎の一人芝居を脳内で展開させることが、時々あります。数秒の出来事。


私たちのなかには、「私を責める人」が、多かれ少なかれ、存在しています。


さて質問です。
ここで言う「私を責める人」は、私の敵なのでしょうか?

…答は、ありません。(ないのか)


「責める人」は、もしかしたら、「私のことを、その人なりに、ものすごく心配している人なのかもしれない」って考えると、どんな気持ちになりますか?
良かれと思って、私のために、一生懸命頑張ってくれている人なのかもしれません。もしかしたらね。
必死に頑張るばかりに、責める言葉になってたりして。

そう考えると私のなかにいる「私を責める人」って、案外いいヤツなのかなあ〜という気持にもなります。
「私を責める人」の声によーく耳を傾けてみると、責める言葉のその奥に、違う言葉が隠されていたり。


「自分を責めるはやめよう」と排除するのではなく、「私を責める人だけど、少しずつ仲良くしてみようかな」という態度を心がけてみると、案外面白いことが起きそうかな〜と思います。


今度自分を責める声が聞こえたら、チャンスです。「責める人」に、「うるさい黙れ!!」って、こちらが責めてみるのも、いいかもよ。
喧嘩をしながら、仲良く









広島C(4年ぶり!)

当日の広島Bを書いたのが、2014年の8月。
2013年の8月6日、広島を訪れたときのことを書きました。
4年ぶりに続きの広島Cを…と思うも、もうあまり時間がありません。
なので、当時の写真をご紹介しますね。

その2年後、2015年の8月6日も、広島に行きました。


P8070556.JPG

P8050103.JPG

産業奨励館という、美しい建物でした。原爆ドームなんて名前ではなかったんです。



P8060334.JPG

P8060328.JPG
広島第一県女の慰霊碑です。校章(?)が可愛い。
昭和20年8月6日の朝。県立広島第一高等女学校の1年性が、建物疎開作業をするため、早くから動員されました。
爆心地から800m。全員が亡くなりました。第一県女についてはこちら
今なら、中学1年生の女の子たち。若い命も、本当にたくさん奪われました。平和資料館の売店で県女の慰霊碑の場所を聞くと、スタッフが「ああ、県女はね〜」と、すぐに教えてくれました。慰霊碑の後方には、亡くなった教員と生徒全員の名前が記されています。
慰霊碑がいたる所にある街、広島。



P8060308.JPG

P8060307.JPG

P8060310.JPG

平和大橋




以下は、2015年のものです。随所に溢れるカープ愛!
戦後に生まれた、広島東洋カープ。広島県民のカープへの思いは、格別なものがあります。応援したくなりますね。

1388.JPG

1387.JPG

1386.JPG



1488.JPG



1385.JPG



989.JPG



988.JPG



987.JPG



986.JPG




広島は、何度でも訪れたい、大好きな街です。






posted by みつこ at 21:23| Comment(2) | 平和について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする